沼島漁業協同組合
沼島漁業協同組合
漁協概要 沼島ってどんなところ 沼島でとれる魚 産地直送
沼島の鱧
京阪神で鱧といえば「沼島の鱧」と言われるほど、有名な沼島の鱧。沼島の鱧は、頭が小さく胴太で姿が良く、皮が薄く程よく脂がのり、肉質が非常に良いとされています。それは沼島周辺の海底が非常にやわらかい泥であり、餌も豊富で沼島周辺の海域が、鱧の生息に適しているからだと考えられています。
又、鱧の旬は梅雨から8月初旬頃で、ちょうどその頃沼島の周辺で鱧が良く獲れた事と、京都の祇園祭、大阪の天神祭りと、大量に消費する時期が重なった事、生命力の強い鱧を沼島から生きたまま船で大阪まで運び、京都まで鮮度良く運べるシステムが出来た事、などが重なり沼島の鱧が有名になったと考えられています。単に美味しいだけではなく、地の利、時の利が重なった結果有名になったのですね。
今でも沼島の山が黒々と見えるところで獲れる鱧が一番おいしいとされています。
沼島のキアジ
沼島のキアジ 沼島周辺で釣れる真アジは、関アジらに比べて総じて小ぶりですが、頭が小さく良く太り、色が黄金色に輝く美しいアジです。 脂の乗りは大阪湾、播磨灘のものよりは若干薄めで、上品。 又数日間、味、肉質が余り変化しないことから、特に東京のすし屋等で非常に人気があります。
従来は沼島産という事が、余り知られず出回っていましたが、最近は関アジ等の鯵のブランド競争が激しく、沼島のアジもブランド化に着手しました。 真アジは細かく3種類に分かれ、それぞれ専門的にキアジ(平鯵)、ノドクロアジ(ドロアジ)、鬼アジ(沖アジ)と呼ばれています。 アジは本来回遊性の魚ですが、一部ある一定の磯や魚礁に留まり、脂を良く乗せるアジが有り、瀬付アジとか平アジの別名で呼ばれています。 アジの旬は5月から8月で、沼島はその時期アジの回遊が多い上に、良好な天然礁、人工礁が多く、瀬付アジの出来やすい環境にあります。 又沼島は近くに海峡を控え、潮流や餌の関係で、アジが栄養を蓄える環境に有るのか沼島に近づくと格段に姿、味が良くなります。
誉れの味、沼島のキアジ「誉れの味、沼島のキアジ」のキャッチフレーズで登録商標を出願中です。
是非一度食べてみてください。(ちょっと高いですけど)
沼島の鯛
沼島の鯛 沼島の周辺は海が深く、瀬戸内海の浅い海にいる鯛が冬越冬に来ます。 又沼島より更に南に下がった鯛も春には必ず沼島を通る為、冬から春にかけて沼島で大量に漁獲されます。 晩秋から春にかけての鯛ですので脂の乗りは良好ですが、市場では晩秋から初冬の鯛(11月末から正月まで位)の鯛の評価が特に高いようです。
昔から「沼島は鰯より鯛が3匹多い」と言われるほど、鯛の漁獲が多く、特に春、瀬戸内海に上っていく鯛を鳴門海峡附近で取る「縛り網漁」は、 古来沼島の権利とされ、一網数十トンから時には百トン近い鯛が取れたと伝えられていますが、現在では行われていません。 今でも沼島漁協の総漁獲高の約20%が鯛による水揚げです。
その他の魚
沼島ではいろいろな魚獲れます。マグロから鰯まで西日本で獲れる殆どの魚が獲れると言っても過言ではありません。
先に紹介したもの以外、よく獲れるものでは、冬のメバル、ウマヅラハゲ、太刀魚、夏のアカシタ、えび類、等それぞれ味も良く、値段も手ごろです。
変わったところでは、沼島は岩礁が多く、磯で獲れる天然のヒジキ、ワカメが非常に美味しく、おすすめです。
Copyright(C) 2004 沼島漁業協同組合 All Rights Reserved